トピックス

風俗の法律「風営法」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

風俗店は「風営法」という法律で定めるところの性風俗関連特殊営業にあたります。

 

「せい・・・ふーぞくかん・・・?」と頭がこんがらがりそうになりますが、風営法では 【 飲食店・接待飲食店・遊技場・性風俗特殊営業店 】 など複数の業種にわたった法律を定めており、その中でも女性が体を使ってサービスを行う店舗を「性風俗関連特殊営業」と括って個別に取り締まっているという形になります。

よって、【 カラオケ・クラブ 】 も風営法と無関係ではありませんし、性風俗ではありませんが、【 キャバクラ・クラブ・ホスト・スナック 】 などのいわゆる水商売も風営法のお世話になっているわけです。

近年は 【 ガールズバー 】 や 【 セクキャバ 】 などややこしい業種が増えており、純粋な風俗店の新規出店が難しくなった現代では、今後もこの流れは加速していくものと思われます。

※ちなみにセクキャバはおっぱぶなどとも呼ばれ、「ピンサロ」のヌキなしバージョン=風俗店ということになります。

※ガールズバーは女性は接待のみを行い性サービスはありませんので、クラブ・キャバクラなどの水商売にあたります。

 


風俗業界のこれから

風俗業界はこれから、熾烈な淘汰が起こると言われています。理由は様々ですが …

  • 長期不況による可処分所得の減少
  • 労働人口減少 → 利用者はもちろん、男子スタッフがいなくなる
  • 風俗嬢の増加 → 不況から、風俗を選ぶ女性が増えるが、その分風俗嬢同士のお客さん獲得競争が激化。より稼げる店舗へ女性が集まるように。
  • インターネットの普及 → 値段・サービス・口コミだけでなく、風俗嬢目線で「この店は稼げる・稼げない」といった情報が簡単に共有できてしまい、弱小店舗が顧客・女性を抱えていられなくなる。
  • オリンピック開催に伴う法規制の強化
  • マイナンバーなど、税制面での不正取り締まりの強化

などがあげられると思います。

どうしたら生き残れるのか?

それは僕らも日々考えて営業していますが、今のところはまだわかりません。

しかし、一つだけ言えることがあります。

それは単純なことで、業界大手は強いということです。

広告費ひとつとっても、大手と一般企業の差は大きいです。

資本のない、その日その日でお金を回している小さな企業や独立系の風俗店は、当然のことながら大きく投資をすることが出来ません。

一般的に企業が投資を行う際は銀行などから融資・借入を行いますが、風俗店にお金を貸してくれる銀行なんてありません。

風俗は現金商売、極論を言ってしまえば、資本力のある大手企業が、今後一番安泰な風俗企業だと言えます。

小さな会社では、男子スタッフ・女子スタッフともに、抱えられる数に制限が出来てしまいます。

すると仕事量がどうしても「今日一日をなんとかするだけで精一杯」になり、長期的な戦略で同業他社に敗北せざるを得なくなります。

 

勿論これはひとつの考えなので、確実なことは言えませんが、これから風俗業界へ転職をお考えの方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度考えてください。

どうせ風俗へ転職するなら、「風俗の一流企業」への転職にチャレンジしてみませんか?

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019.6.20

    話題の急成長風俗企業!あなたのチャンスは無限大

    日本に存在するあらゆる職業の中で、最も早く出世する事が出来ます。

おすすめ記事

  1. 年収1,000万円以上稼ぎたい男性向けの内容になります。
  2. これを見ればきっと風俗業界通!いきなりですが、みなさんなんで「書き入れ時」っていうか知っていますか?...
  3. デザインは「お店の顔」です。こんにちは、デザインWEB担当のヲタク社員です。
キャリアアップ制度
女性求人総合オフィシャルサイトへ