トピックス

実際に勤務した内勤スタッフの本音

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性内勤スタッフとして勤務して4ヶ月です。

女性の内勤??キャストじゃなくて??

と思われる人が多いと思います。

正直私も最初は業務内容がわかりませんでした。

そんな私が実際に4ヶ月働いての感想をぶっちゃけたいと思います(笑)

 

そもそも何故自分が内勤の社員になろうと思ったか・・

もともと堅い仕事をしながらこっそり風俗嬢として、

他店で働いていたんです。

だからこの業界を全く知らなかったわけではありません。

でも、自分がキャストだったお店には男性スタッフしか居らず・・

現役を引退してから見つけたのが「女性内勤社員」でした。

 

キャストとしての業務はわかっていても、

スタッフが何をするのか・・なんとなくわかっていましたが・・

実際働いてみて驚いたのは「忙しさ」です。

それも、ただ疲弊する忙しさではなく、

「結果」がついてくる「忙しさ」です。

 

パソコンも正直タイピングができる程度で、

ほとんど使ったこともなかったんです。

初出勤の日に、当たり前に用意されたデスクにパソコン・・電話機・・

不安でした。

そして、内勤スタッフというものにあまり良いイメージもなく、

戸惑いました(笑)

 

それが4ヶ月後の今は、任せてもらえる仕事も増え、

気付けば4ヶ月です。

 

スタッフは少人数で、アットホーム。

わからないことを1人でこなせるまで、

先輩スタッフや上司が忙しくても一生懸命教えてくれます。

1つ2つと出来ることが増え、

1番後輩の自分ですが、

「こうしたらいいのになぁ・・」という事にも全員が耳を傾けてくれます。

 

元キャストとしてのキャスト側の気持ちと、

今内勤としてのお店側の気持ち、

どちらも見えてきます。

その中でお互いが良くなるように・・と思った小さな事も、

上司や先輩が協力してくれたら、実現していくものです。

 

「わからないこと」を「わからない」と言える環境は、

成長にもつながると思います。

「わからないまま」にせず、

「わからない」から「教わる」と仕事はかなりしやすくなります。

 

アットホームな職場だからこそ、

4ヶ月で出来るようになった業務はたくさんあります。

自ずとやりがいも感じるようになりました。

チームワークも大切ですが、

やっぱり自分にまかせてもらえる仕事が増えるのは嬉しいことです。

 

まだまだできないこと、わからないことはありますが、

4ヶ月でかなりのやりがいを感じています。

 

新しくこの業界に飛び込もうと思っている人に、

少しでも興味を持ってもらえたら嬉しいです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019.6.20

    話題の急成長風俗企業!あなたのチャンスは無限大

    日本に存在するあらゆる職業の中で、最も早く出世する事が出来ます。

おすすめ記事

  1. 年収1,000万円以上稼ぎたい男性向けの内容になります。
  2. これを見ればきっと風俗業界通!いきなりですが、みなさんなんで「書き入れ時」っていうか知っていますか?...
  3. デザインは「お店の顔」です。こんにちは、デザインWEB担当のヲタク社員です。
キャリアアップ制度
女性求人総合オフィシャルサイトへ