トピックス

仕事と作業の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

決して日本語としての定義の話をしたい訳ではないですが、「仕事」と「作業」は違うものだと思います。

「作業」とは、事前に定められた手続きとゴールに向けて行う活動のこと。一方で、「仕事」は、その結果によって誰かに価値を届けるための活動です。「仕事」を実現するために「作業」をする必要が出てきますが、逆はありません。そして「仕事」は価値を届ける相手がいて初めて成立します。

上司や顧客に言われたことをしっかりと間違いなく、しかし、言われた通りにこなすことは「仕事」とは言えず「作業」にすぎないのです。最低限、「作業」をきっちりこなせることは大事なことですが、それだけでは本当の意味で価値が生まれているとは言えません。

成長を実感できれば仕事は楽しい

もし、あなたが何かを頼む立場だとして「作業」をさせたいのであれば、属人性をなくして代替可能にするので良いでしょう。大量生産のような繰り返し同じこと、大量に同じことをすることで、価値が生まれるのであれば、それでも構いません。

しかし「作業」をするのがロボットでなく人の場合、それでは成長を望むことはできません。もし成長を期待するならば、「仕事」をしてもらわなければなりません。「仕事」には創意工夫があるし「仕事」をする人自身が考えなければ、いいアウトプットを出すことはできません。その自分の頭で考える部分が成長につながるのです。

同じことを繰り返すのではなく、少しずつでもいい結果を出せれば、それは成長したという証ですし、成長が実感できる「仕事」は、やっている本人にとっても楽しいものになります。「仕事」での成長が楽しくなれば、さらに良い「仕事」をしようというモチベーションにもつながります。

難しい判断を迫られたときに「仕事」を依頼した人に「どうすればいいか?」と質問に来るのは間違いです。そんな質問をされても、わからない中で考えて返事をすることになります。しかし、そうして依頼する側が考えないといけないなら、そもそも「仕事」を依頼していないですよね。

「仕事」ならば、誰かに正解を求めようとするのではなく、狙いをもって仮説をたてて、試しながら良い結果に近づけていくしかありません。依頼した相手に相談するときは「質問」ではなく「提案」でするべきです。自分ならどうするんだ、というのを常に考える、それが本当の「仕事」です。

「仕事」をうまくすることはとても難しいけれど、だからこそ楽しいのです。「仕事」を楽しんで、人生を楽しみたいものです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019.6.20

    話題の急成長風俗企業!あなたのチャンスは無限大

    日本に存在するあらゆる職業の中で、最も早く出世する事が出来ます。

おすすめ記事

  1. 年収1,000万円以上稼ぎたい男性向けの内容になります。
  2. これを見ればきっと風俗業界通!いきなりですが、みなさんなんで「書き入れ時」っていうか知っていますか?...
  3. デザインは「お店の顔」です。こんにちは、デザインWEB担当のヲタク社員です。
キャリアアップ制度
女性求人総合オフィシャルサイトへ