トピックス

「神は細部に宿る」のであろうが「金も細部に宿る」のだ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「神は細部に宿る」

ドイツの高名な建築家が好んで使ったと言われる言葉。

一見してわからない部分に迄こだわることによって、完成度が上がり、細部にこだわらないと全体としての体も成さない。

というような意味。

 

ちょっと「神」なんて言葉を使ってるものだから、スピリチャル系や、自己啓発系の本や文章で使われることもしばしば。

 

しかしながら、そんな高尚なことを申し上げるつもりは毛頭ございません。

 

経営者はグランドデザインをするのが仕事。

そして、下々の…いわゆる兵隊、最前線にいるものは…そのグランドデザインに基づいた組み立てをするのが仕事。

なので、細かい細かいトコロまで詰めて行くべきなのです。

そしてそこで給料を得る。

つまり

「金は細部に宿る」のです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019.6.20

    話題の急成長風俗企業!あなたのチャンスは無限大

    日本に存在するあらゆる職業の中で、最も早く出世する事が出来ます。

おすすめ記事

  1. 年収1,000万円以上稼ぎたい男性向けの内容になります。
  2. これを見ればきっと風俗業界通!いきなりですが、みなさんなんで「書き入れ時」っていうか知っていますか?...
  3. デザインは「お店の顔」です。こんにちは、デザインWEB担当のヲタク社員です。
キャリアアップ制度
女性求人総合オフィシャルサイトへ