トピックス

コマーシャリズム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日7月20日。

土用の丑の日。

皆さん鰻は食べられましたか?

私は…混雑するのが嫌なので、別日の予定でございます。

 

さて、そんな土用の丑の日。諸説はあるにせよ…一番有名な起源の説が…

 

通説(平賀源内説)

鰻を食べる習慣についての由来には諸説あり、讃岐国出身の平賀源内が発案したという説が最もよく知られている。

平賀源内説の出典は不明で、前述の『明和誌』にあると説明するケースもあるが、『明和誌』には記されていない。源内説は細かなバリエーション違いがあるが、要約すれば「商売がうまく行かない鰻屋(知り合いの鰻屋というパターンもある)が、夏に売れない鰻を何とか売るため源内の元に相談に赴いた。源内は、「本日丑の日」と書いて店先に貼ることを勧めた。すると、その鰻屋は大変繁盛した。その後、他の鰻屋もそれを真似るようになり、土用の丑の日に鰻を食べる風習が定着した」というもの。丑の日と書かれた貼り紙が効力を奏した理由は諸説あり定かではないが、一説によれば「丑の日に『う』の字が附く物を食べると夏負けしない」という風習があったとされ、鰻以外には瓜、梅干、うどん、うさぎ、馬肉(うま)、牛肉(うし)などを食する習慣もあったようだが、今日においては殆ど見られない。

 

といったもの。

多分、日本ではじめての小売業における「コマーシャル」ではないかと言うことです。

きっとさぞかし革命的な事で、相当のインパクトがあったのは想像に難くありません。なぜなら…約250年以上経った今日においても『土用の丑の日』には鰻を食べるのが風物詩となっているのですから。

 

さて、この2018年の「デリヘル」においてコマーシャルという部分では法律の規制で「インターネット」と「紙面」のみという成約があります。

昨今のVRの普及から、某サイトではVRによる体験動画を始めましたが…さて波及はどこまであるのでしょう。。。

 

法律の規制の枠内で、どこまでやれるのか?

やり尽くされた感のある中で、革命的ななにかを起こせないか?

媒体や、WEB全般コマーシャリズムに強い方…風俗業界を変えてみませんか?

 

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019.6.20

    話題の急成長風俗企業!あなたのチャンスは無限大

    日本に存在するあらゆる職業の中で、最も早く出世する事が出来ます。

おすすめ記事

  1. 年収1,000万円以上稼ぎたい男性向けの内容になります。
  2. これを見ればきっと風俗業界通!いきなりですが、みなさんなんで「書き入れ時」っていうか知っていますか?...
  3. デザインは「お店の顔」です。こんにちは、デザインWEB担当のヲタク社員です。
キャリアアップ制度
女性求人総合オフィシャルサイトへ