トピックス

企業の実力を見極める

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イメージだけでなく、多角的な視点から評価する

企業の魅力を見極めるポイントには、「将来性」「安定性」「収益性」「生産性」などがあげられます。これらを見極めるためには、資金力や営業力、開発力、経営者の手腕など、さまざまな視点から評価する必要があります。

「規模が大きい=安定性あり」「知名度が高い=成長性あり」といったようにイメージだけで判断すると、「入社してみたら思っていたのと違った」ということもよくある話。思わぬ落とし穴に陥らないためにも、入念な事前チェックが必要です。

企業を見極めるポイント
営業収益はどれくらい出ているか?
「営業収益」とは、売上総利益(粗利)から経費を差し引いた利益のこと
企業の経営状態を見極めるうえで重要な数字です。株式を公開している企業であれば、一般に財務諸表といわれる損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書を見ることで経営状態を知ることもできます。過去3期分くらいの推移は見ておきましょう。毎年、順調に伸びていればベストですが、先行投資のため一時的に利益が減っている期がある場合も。この場合、翌期か翌々期に回復していれば安定成長していると判断できます。

上場企業なら「ROA(総資本利益率)」も確認しておきたい
企業に投下された総資本(総資産)が、利益獲得のためにどれだけ効率的に利用されているかを表す数字。業界平均以上であれば、収益性の高い企業だと判断することができます。

「ROE(株主資本利益率)」が高いほどいい企業といえる
1株当たりの利益(※EPS)を1株当たりの株主資本で割って100を掛けた指数のことですが、株主から集めたお金(株主資本)を、いかに効率よく活用して利益をあげているかを意味する指標となります。この数値が高ければ高いほど、いい企業と言ってもよいでしょう。ROEが高い水準で推移していれば、その企業の将来的な収益性や成長性も有望で、株主への利益の還元も期待できます。

※EPS/税引き後利益を発行済み株式数で割ったもの。株主が持っている株式1株について、企業がどれだけの利益をあげたのかを表します。企業の収益力を見る指標の1つで、EPSが高いほど収益力も高いと言えます。業績の指標としては最も基本的なもので、手っ取り早く企業の良し悪しを判断するには、この数値を見ればよいでしょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019.6.20

    話題の急成長風俗企業!あなたのチャンスは無限大

    日本に存在するあらゆる職業の中で、最も早く出世する事が出来ます。

おすすめ記事

  1. 年収1,000万円以上稼ぎたい男性向けの内容になります。
  2. これを見ればきっと風俗業界通!いきなりですが、みなさんなんで「書き入れ時」っていうか知っていますか?...
  3. デザインは「お店の顔」です。こんにちは、デザインWEB担当のヲタク社員です。
キャリアアップ制度
女性求人総合オフィシャルサイトへ