トピックス

2月の時期の転職市場の動向

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2月、10月の時期は特に求人数が高い傾向にありますが、なぜ求人が増えるのでしょうか?
また、2月の時期に転職をすることはどういうことなのでしょうか?
ライバルの多い時期だからこそ、2月の時期の転職市場の動向を把握することで差別化をはかることができますし、自分の望む就職ができるかも決まってきます。

企業が2月採用に積極的になれる理由

一般的に企業が2月採用を積極的に行う理由としては、年度の切り変わりである4月に合わせて体制と整えたいという背景があげられます。
プロジェクトの立ち上げ、または急に欠員して人手不足が発生するような事態であれば別ですが、基本的には計画にそった人員募集が行われるはずです。
合わせて、12月にボーナスをもらって辞める人も少なくありませんから、欠員を埋めるために2月の時期に求人が増加する傾向があるのです。

求人数と倍率がさらに加速する

1月から3月にかけては求人数が加速していく傾向にあります。
合わせて4月入社を目標に動いている人も転職活動にラストスパートをかけていきますので、業界全体が盛り上がりを見せる時期と言えるでしょう。
企業は新年度の体制を整える必要がありますし、4月に入ってしまうと充足してしまったり、新卒の教育で手一杯になる企業も出てきますので、春入社を目指すのであればこの時期に転職できるよう計画的に動くことが求められます。

4月の転職を目指すなら活動開始

転職には平均2~3ヶ月の期間を要すると言われています。
4月入社を目指すのであれは2月の時期には転職活動を開始していなければ間に合わなくなるかもしれません。
転職の準備と一口に言っても、今後の転職計画をたてるところから、情報収集、対策など幅広くあります。
2月の時期の転職がいくら有利と言われていても、準備はしておくだけいいので計画的に行っていきましょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019.6.20

    話題の急成長風俗企業!あなたのチャンスは無限大

    日本に存在するあらゆる職業の中で、最も早く出世する事が出来ます。

おすすめ記事

  1. 年収1,000万円以上稼ぎたい男性向けの内容になります。
  2. これを見ればきっと風俗業界通!いきなりですが、みなさんなんで「書き入れ時」っていうか知っていますか?...
  3. デザインは「お店の顔」です。こんにちは、デザインWEB担当のヲタク社員です。
キャリアアップ制度
女性求人総合オフィシャルサイトへ