トピックス

店長職のあるべき姿

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

店長は他のスタッフと同じ仕事をできなくてはいけませんが

その作業を極力してはいけません。店長は全体を見て数字を作ることが

仕事です。他のスタッフと同じ作業をすることは仕事ではありません。

アルバイトに作業を教えるのも店長の仕事ではありません。店長は直属の部下

例えば主任などに指示を出すだけなのです。店全体を見て改善しなければならないことは

直属の部下に指示を出して改善させます。アルバイトの教育はアルバイトの先輩や社員がするものです。

よく「店長は楽ですね」という人がいますが一番きついのは店長職です。時間がないから出来ないとか

部下がこれだから無理だとかという言い訳は一切できません。なぜなら、何故的確な指示を出して改善させないの?

と言われて良しです(笑)退路を断たれるってことがいかにキツイか。これは経験してみないと分かりませんね。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019.6.20

    話題の急成長風俗企業!あなたのチャンスは無限大

    日本に存在するあらゆる職業の中で、最も早く出世する事が出来ます。

おすすめ記事

  1. 年収1,000万円以上稼ぎたい男性向けの内容になります。
  2. これを見ればきっと風俗業界通!いきなりですが、みなさんなんで「書き入れ時」っていうか知っていますか?...
  3. デザインは「お店の顔」です。こんにちは、デザインWEB担当のヲタク社員です。
キャリアアップ制度
女性求人総合オフィシャルサイトへ