トピックス

「人材」ではなく「人財」へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人+材料=「人材」

人+財産=「人財」

 

仕事をするということは、単純に時間の切り売りではありません。

自分の所属する組織に有形・無形の「利益」をもたらすのが仕事です。

 

直接的に利益や商品を生み出す「営業」や「製造」の現場。

そしてそれを支える、非生産部門である「財務」「経理」「総務」「人事」のバックオフィス。

それらが連携して初めて大きな収益をもたらすのですが、なかなかそうも上手く行きません。

 

組織が増員を目指す時「人材」を広く公募するものですが、それは組織を成り立たせるための「材料」がほしいわけでです。なので、「人材」。

しかし、「材料」がいつまでたっても「材料」のままでは利益にはなりません。

製造の現場でもそうでしょう。

仕入れた「材料」を加工して「製品」にしなければ…当然「利益」なぞ期待出来ません。

 

「人材」がいつもでたっても、コスト意識もなく…ただの「材料」そして安穏としていては駄目です。

 

組織に「財産」として認められる「財産」もたらす存在を目指しましょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019.6.20

    話題の急成長風俗企業!あなたのチャンスは無限大

    日本に存在するあらゆる職業の中で、最も早く出世する事が出来ます。

おすすめ記事

  1. 年収1,000万円以上稼ぎたい男性向けの内容になります。
  2. これを見ればきっと風俗業界通!いきなりですが、みなさんなんで「書き入れ時」っていうか知っていますか?...
  3. デザインは「お店の顔」です。こんにちは、デザインWEB担当のヲタク社員です。
キャリアアップ制度
女性求人総合オフィシャルサイトへ