トピックス

30代の転職。メリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

30代で転職するメリット

30代で転職するメリットは、マネジメント経験や即戦力性を活かして好条件のキャリアアップを実現できる点にあります。これまで培ってきたスキルを活かせば短い期間で管理職に就くことができる、大幅な年収アップが見込めるなどの可能性があります。

 

30代で転職するデメリット

30代で転職するデメリットは、伸びしろが少ない点にあります。
20代と比べると知識の吸収力が低く、これまでのやり方にこだわり過ぎてしまうなど、企業が求める方向に伸びてくれないと捉えられることもあります。
培ってきたスキルを活かすことはもちろんですが、企業の求めている人物像、仕事観と共感できることを伝えることが必要です。

また、家族を持ち始める30代は転職の失敗が自分だけでなく家族にまで影響を及ぼします。
簡単に進退を決めることができないのは、30代の転職ならではのデメリットと言えます。

 

経験不足を補うために今の仕事を見直す

自分にはマネジメント経験も即戦力性も無い…。そんな人は今の仕事を見直すことから始めてみましょう。
現在役職はついていなくても、チームリーダーの経験や後輩の指導から得た気づきがあるはずです。実務で得た経験とそれを今後の仕事に活かせる根拠を提示することで、「リーダーとして活躍できる人材である」とアピールすることは可能です。

即戦力性がない場合は、志望している企業に活かせるスキルを今の会社でどのように身につけるか。足りない経験をどのように補うかが重要です。

Web業界を例にお話します。未経験でWebデザイナーを目指す場合、ポートフォリオの良し悪しが選考に大きく影響します。
独学でもいいので、ポートフォリオを作るためのグラフィックソフトの使用方法やポートフォリオサイトを作るためのコーディング技術を習得します。未経験での転職をするなら、その職種に求められるスキルを身につけるためにがむしゃらに勉強することが必要です。
それができないのであれば、そもそも自分にはそこまでの熱意はなかったときっぱり諦めることができます。

厳しい現実ですが、焦って経験不足のまま転職に挑むことはおすすめできません。欠けてるスキルを補ってから転職活動を進めましょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019.6.20

    話題の急成長風俗企業!あなたのチャンスは無限大

    日本に存在するあらゆる職業の中で、最も早く出世する事が出来ます。

おすすめ記事

  1. 年収1,000万円以上稼ぎたい男性向けの内容になります。
  2. これを見ればきっと風俗業界通!いきなりですが、みなさんなんで「書き入れ時」っていうか知っていますか?...
  3. デザインは「お店の顔」です。こんにちは、デザインWEB担当のヲタク社員です。
キャリアアップ制度
女性求人総合オフィシャルサイトへ