トピックス

合わない上司との仕事の取り組み方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事をしていくうえで、指示や要求、依頼といった形で色々な人から仕事は回ってきます。その中で上司からの依頼や指示となると自然とその優先順位は上がるものです。

しかし、内容や期限によってはたとえ上司からの指示や依頼であっても取り掛かる時期を少し後ろにしたり完了させる時期を少し後回しにしたりといったケースも生まれてきます。

通常で考えるとその選択や仕事の進め方というのは正しいと言えるのですが、相手があなた自身とは合わない上司の場合は少し変える必要があります。

内容や期限を見ると急いで取り掛かるほどではないといった場合や、期限が先なので直ぐに取り掛かる必要はないといった場合であっても、それまでの普通の上司の場合よりは優先順位をあげて早めに前倒しして取り掛かったり、完了させることが大切になります。

その理由は大きく2つあります。

まず1つ目は合わない上司とは極力関わりたくないと考えるのが普通の人です。

そうであれば、その人からの依頼や指示は早急に片付けて関わらなくてはならない期間を短縮するという事です。

もう1つは、合わないと感じているのは多くの場合は片方の思いではなく、お互いが感じている事が多くあります。

そうなると、上司である相手もあなたに対して合わないという感情を持っている場合があるということになります。

合わない部下の仕事に口を挟んだり、過度な追求をしたりといったことが起こることも予想されます。それらを少しでも未然に防ぐためという側面も持っているのです。

ただし、何も最優先にする必要はありません。仕事というのは色々な繋がりや関連があるものです。その合わない上司を中心に廻っているわけではありません。普段よりは優先順位を上げる、そのくらいで十分です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019.6.20

    話題の急成長風俗企業!あなたのチャンスは無限大

    日本に存在するあらゆる職業の中で、最も早く出世する事が出来ます。

おすすめ記事

  1. 年収1,000万円以上稼ぎたい男性向けの内容になります。
  2. これを見ればきっと風俗業界通!いきなりですが、みなさんなんで「書き入れ時」っていうか知っていますか?...
  3. デザインは「お店の顔」です。こんにちは、デザインWEB担当のヲタク社員です。
キャリアアップ制度
女性求人総合オフィシャルサイトへ