トピックス

転職失敗したから辞めたい!その前に考えるべきことは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職したけど、もう辞めたい?その理由は

転職失敗して辞めたいと感じるのはどんなときでしょうか。
よくある事例としては、自分の想像していた仕事と違っていたり希望した部署に配属されなかったりすることなどがあります。
仕事は自分に合っていても上司や同僚との人間関係が上手くいかないケースもあるでしょう。人間関係については、実際入社するまで見えにくい面があるので難しいところです。
せっかく転職したのに、やりたい仕事ができないとなると、自分に対する評価が適切ではないと考えてしまう人は多いのではないでしょうか。職場環境や労働条件が当初の条件と大きく異なっていた場合、ショックを受けるのも無理はありません。
しかし、案件が面接時の状況より少なくなっていたり、欠員補充で入社するはずが前任者が退職を翻意したりなど不運なケースもまれに発生すると考えられます。
このような場合は会社に不満を述べてもどうにもならないことが多いので、再転職を検討する必要があるかもしれません。

 

要注意!会社をすぐ辞めるのはハイリスク

自分の意にそぐわないことがあるとどうしても転職失敗と考えがちです。

しかし、1度冷静になってみましょう。
極端に短い期間で転職失敗の判断を下すのはリスクが高い傾向があります。

すぐに仕事を辞めた経緯が履歴書に残ることで、面接時の説明に窮することになるのではないでしょうか。自分だけですべてを判断するのではなく現状の仕事に対する不満について会社と話あってみましょう。
コミュニケーションをとることで問題解決の糸口が見つかる場合もあります。待遇や環境が改善されることにつながるかもしれませんし、会社と腹を割って話すことで、自分なり納得できることも考えられます。
いろいろと手を打ったうえでもどうにもならず、辞めたい気持ちが日々強くなる一方であれば転職に踏み切るのもひとつの手段といえます。
前述したとおり、短期で会社を辞めるのはリスクがあるので、可能であれば在職中に次の仕事を見つけるのが理想といえるでしょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019.6.20

    話題の急成長風俗企業!あなたのチャンスは無限大

    日本に存在するあらゆる職業の中で、最も早く出世する事が出来ます。

おすすめ記事

  1. 年収1,000万円以上稼ぎたい男性向けの内容になります。
  2. これを見ればきっと風俗業界通!いきなりですが、みなさんなんで「書き入れ時」っていうか知っていますか?...
  3. デザインは「お店の顔」です。こんにちは、デザインWEB担当のヲタク社員です。
キャリアアップ制度
女性求人総合オフィシャルサイトへ