トピックス

働く意味、なんのために働くのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「働く意味ってなんだろう?」「なぜ働かなくてはいけないんだろう?」
そんな疑問がふと湧いてくることがあります。
生きていくために必死に働いていた時代、
少しでも豊かな暮らしをするために一心不乱に働いていた時代なら考えもしなかった疑問かもしれません。
でも、日本は経済的に豊かになり、職業や生き方も自由に選択できるようになりました。
自分に向いている仕事、自分がやりたい仕事がわからない時、仕事に目的ややり甲斐を見出せない時、
私たちは働くことについてそんな根本的な疑問にぶち当たるような気がします。

10-million-yen

仕事とは、お金なのか?

仕事には当然その対価としてお金をもらうという意味があります。
我々はそのお金で生活するわけですから、
働く=お金」というのは一つの側面であることは間違いありません。
ただし、それだけでないところに悩みのタネがあります。
例えばビルゲイツなど世界の富豪たちはもう生涯使い切れないほどのお金を持っていますが、
それでも精力的に仕事をしています。また、ボランティアやNPOなど働いた報酬が
「お金」としてはあまり入ってこなくてもイキイキと働いている人たちがいます。
彼らにとっては「働く」とは「お金」だけではなさそうです。
どちらかというと「働いた結果であるお金」よりも「働き」そのものに充実感を感じているように見えます。
つまり、働くとは「お金+何かということになるのでしょう。
では、何かとは何でしょう。働く意味を考える人はその何かを探しているのかもしれません。

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019.6.20

    話題の急成長風俗企業!あなたのチャンスは無限大

    日本に存在するあらゆる職業の中で、最も早く出世する事が出来ます。

おすすめ記事

  1. 年収1,000万円以上稼ぎたい男性向けの内容になります。
  2. これを見ればきっと風俗業界通!いきなりですが、みなさんなんで「書き入れ時」っていうか知っていますか?...
  3. デザインは「お店の顔」です。こんにちは、デザインWEB担当のヲタク社員です。
キャリアアップ制度
女性求人総合オフィシャルサイトへ