トピックス

仕事をしっかりこなすには睡眠は重要

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「昨日眠れなくて3時間しか寝れなかったよ」というのをよく聞きます。でも、そんな日の仕事ってどこか抜けていませんか?

睡眠は仕事をこなすことには大変重要な生活習慣です。

1日に必要な睡眠時間は個人によって異なる?

一般的に、理想的な睡眠時間は1日7〜8時間といわれています。しかし、これには明確な医学的根拠があるわけではなく、

睡眠時間の平均値が6〜9時間であるという事実をもとに決定されているに過ぎません。

人によって、睡眠時間のタイプは大きく3つに分けられます。1つ目は「ショートスリーパー(短眠者)」と呼ばれるタイプで、

睡眠時間が6時間未満の人(全体の5〜8%)を指します。2つ目は「ロングスリーパー(長眠者)」で、睡眠時間が

9時間以上の人(全体の3〜9%)のことです。3つ目は、全体の80〜90%の人が属する「バリュアブルスリーパー」で、

睡眠時間は6〜9時間です。このように、人によって適した睡眠時間は異なります。

理想の睡眠時間とは、十分に眠ったという実感を得て爽快に目覚められる睡眠時間のことです。

短時間の睡眠でも日中に眠気を感じることなく十分に活動することができていれば、

理想的な睡眠時間を確保できていると言えます。つまり、決まった睡眠時間を理想とするのではなく、

個人ごとに存在する理想の睡眠時間を知ることが大切なのです。

自分だけの理想の睡眠時間の探し方

睡眠は、浅い眠りの「レム睡眠」と、深い眠りの「ノンレム睡眠」の2種類から成ります。

通常、人は「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」のサイクルを起床までに90分ずつ繰り返しており、

「レム睡眠」の際に起きるとスッキリと目覚めることができると言われています。

つまり、6時間や7時間半など、90分の倍数となる睡眠時間が理想的であると言えます。

さまざまな睡眠時間を試してその日の体調を手帳などに記録していけば、自ずと自分に合った

睡眠時間が見えてくるはずです。90分の倍数となる時間を意識し、自分が目覚めやすい睡眠時間を探しましょう。

なお、理想的な睡眠時間を探す際には、毎日決まった時間に眠りに入ることが大切です。

眠りに入る時間が定まっていないと、日ごとの変化を把握しにくいためです。

しかし、定刻に寝ようとしても眠れない場合もあるでしょう。そのような場合は無理に眠ろうとせず、

一度ベッドから離れてみてください。眠らなければならないというプレッシャーは神経を高ぶらせ、

逆に寝つきを悪くしてしまいます。眠くなるのを待ってから睡眠体勢に入った方が、効率良く眠ることができるでしょう。

また、眠る直前に激しい運動を行うと、寝付きが悪くなってしまうため注意してください。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019.6.20

    話題の急成長風俗企業!あなたのチャンスは無限大

    日本に存在するあらゆる職業の中で、最も早く出世する事が出来ます。

おすすめ記事

  1. 年収1,000万円以上稼ぎたい男性向けの内容になります。
  2. これを見ればきっと風俗業界通!いきなりですが、みなさんなんで「書き入れ時」っていうか知っていますか?...
  3. デザインは「お店の顔」です。こんにちは、デザインWEB担当のヲタク社員です。
キャリアアップ制度
女性求人総合オフィシャルサイトへ