トピックス

クリぼっち商戦!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、佐藤です(^o^)丿

“クリぼっち”とゆうワードがサイトで多く見受けられますね~

短期間の流行語大賞をとれるんじゃないかと思うくらいです^^;

僕も含めてそんなクリぼっちの皆さん、こんな記事を発見しましたよ!

クリぼっちの僕たちは企業からターゲットにされてます(笑)

 

この季節に見聞きする「クリぼっち」という言葉。「独りぼっちでクリスマスを過ごすこと」をいうそうですね。

こうしたお1人様をターゲットにした「クリスマス商戦」がいま、意外な広がりを見せているんです。

 今年は週末がクリスマス。23日の天皇誕生日と合わせると3連休ですが・・・

 「24日、25日バイトです」(男性)

 「家に引き籠もって、アメフトの試合でも見ようかな」(男性)

 クリスマスを独りぼっちで過ごす、「クリぼっち」。都内には、こんな飲食店も・・・

 「“カップル入店禁止”というイベントをやっています」(吉祥寺どんぶり 石岡寛史店長)

 24日と25日の2日間、カップルでの入店は禁止。「クリぼっち」には心強いお店です。

 「クリスマスなのに出勤しているということで、寂しい、くそーっという気持ちから始めた」(吉祥寺どんぶり 石岡寛史店長)

 ただ、「クリぼっち」は珍しいことではありません。博報堂とラインの調査ではクリスマスを独りで過ごす人は20代の独身男性で3人に1人、女性でも4人に1人に上ります。

 こうした中で、「クリぼっち」に対する意識も変化しています。

 「“クリぼっち”かわいいですよね」(女性)

 「誰とも会いたくない」(女性)

 「あえて独りで過ごしたい」。そんな、前向きなクリぼっちが増えているのです。

 都内の百貨店には、そうした人たちをターゲットにした商品が並んでいました。

化粧品やキッチン用品、衣料品の売り場にも「クリぼっち」の文字が踊ります。

さらに今年は、クリスマスのプレゼントにも、新たな傾向が出ていると言います。

 「『セルフサンタ』といって、 若い人たちが恋愛しなくなっている中で、でもクリスマスは楽しみたいということで、自分自身にクリスマスプレゼントを買う」(博報堂若者研究所リーダー 原田曜平さん)

 自分用のクリスマスプレゼントを買う、「セルフサンタ」が広がっているのです。

 「クリスマスに着る用のパジャマを買いに来た」(女性)

 「電化製品を自分用に買って。予算は3万円くらい」(女性)

 「ルームウエアや一人用サイズの片手鍋とか、お客さまに好評で完売したり、追加をかけたものもある」(大丸東京店営業推進部 大川菜帆さん)

 独りで過ごす人をターゲットにしたクリスマス商戦も熱を帯びてきています。

 

competent

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019.6.20

    話題の急成長風俗企業!あなたのチャンスは無限大

    日本に存在するあらゆる職業の中で、最も早く出世する事が出来ます。

おすすめ記事

  1. 年収1,000万円以上稼ぎたい男性向けの内容になります。
  2. これを見ればきっと風俗業界通!いきなりですが、みなさんなんで「書き入れ時」っていうか知っていますか?...
  3. デザインは「お店の顔」です。こんにちは、デザインWEB担当のヲタク社員です。
キャリアアップ制度
女性求人総合オフィシャルサイトへ