トピックス

いばらの道!?それとも…30代の転職事情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

終身雇用の制度が崩壊しつつある昨今。

転職を考えている社会人の方は多いと思います。

30歳を過ぎると転職しづらいと言われていますが…

世の中には30代こそ必要とされる職種もあるって知っていましたか?

ここでは30代の転職事情と30代でも転職しやすい職業を紹介します。

終身雇用が崩れていても、30代の転職は難しい?

一昔前の日本の会社には「終身雇用」が一般的でした。

会社に一度入社したら、社員はそのまま定年までいられるというシステムでしたが、バブルがはじけ、不景気になったことでその制度は崩壊。

そのため、転職を希望する方も増えてきています。

様々な仕事が増えている中で、より自分のやりたい仕事を選ぶ方もいれば、よりよいお給料をもらえる仕事を求めて様々な仕事を転職するケースもままありますが…

一般的に転職しやすいと言われているのは20代まで。

30歳を過ぎると転職が途端に難しくなると言われています。

 

面接の受け答えが30代の転職の明暗を分ける!?

一般的に転職が難しくなるという30代ですが、近年は晩婚化していることもあり、転職を希望する人自体は増えているのが実情。

そのため、やりたいことが出来る仕事や給料のいい仕事は人気が高く、ただでさえ狭い間口がより狭くなっている印象さえ受けます。

30代で転職する際、企業が気にするものの一つはその理由。

面接官の多くは旧態依然の考えを持つ方がほとんど。

そのため、キャリアアップや待遇面の向上を求めての転職というとあまりいい印象を持たれません。

転職が当たり前になってきている今だからこそ、逆に「すぐにやめてしまうかも…」と思われてしまう事がその原因として挙げられます。

ちなみに30代男性の転職理由として最も多いのが「ほかにやりたい仕事がある」、続いて「会社の将来性に不安がある」、「給料に不満がある」…

やりたい仕事があるならまだしも、他二つは面接で正直に言うと、いい印象が持たれないのはよくわかりますね。

面接時にはこうした表現をうまく伝えることが転職を成功させる秘訣と言えます。

 

30代の転職Case1「ほかにやりたい仕事がある」場合

基本的にはポジティブな理由なだけに、そのまま伝えても問題はありませんが、職種によっては未経験転職を嫌がる所もあります。

特に30代の未経験転職はかなりのいばらの道。

よほどの転職理由を語らないと、採用されることは難しいと言えるでしょう。

未経験転職で必要なのは「なぜその仕事をしたいか」という具体的な動機。

前職で培ったスキルや経験をどう生かせるのか、ということを盛り込むことが必要と言えます。

さらに30代を超えている場合は恒例になっても未経験の職種に挑む理由をきちんと伝えることが肝心と言えます。

 

30代の転職Case2「会社の将来性に不安がある」場合

前の会社の将来性に不満を持ったことを理由とし、それを伝えること自体は問題ないですが、それだけではNG。

「次の会社でも不安に思ったら、すぐに辞めてしまうのでは?」と思われてしまいます。

こうしたケースの場合は自分が転職に至るまでのプロセスを説明することが重要。

「一生懸命、色々なことを試してみたものの、結果的にダメだった」という事を説明することで、そうした不安を払しょくすることになります。

 

30代の転職Case3「給料に不満がある」場合

誰でも給料が高いほうが良いのは本音ですが、それをストレートに告げたところでいい印象は持たれません。

ポイントとしては給料面の話をするよりも、仕事に対する意欲をアピールする事。

「業績を評価してもらえる御社の評価システムを魅力に感じています」など、面接を受ける会社の評価システムを魅力に感じていることをアピールする方が得策です。

 

転職業界で噂される「35歳の壁」とは?

30代でも転職する人が増えてきたとは言いますが、それでも難しいとされているのが35歳以上の転職希望者。

転職業界でも35歳という年齢は一つのハードルとして認識されていることがほとんどです。

35歳以上の方が転職しづらい理由として挙げられるのは、会社のニーズに合う人材が少ないこと。

一般的に年齢が若ければ成長や改善する可能性を見込まれるため、多少会社のニーズから外れていても会社で教育すれば、ニーズに合ってくると考えられています。

ところが35歳を超えている場合、前職のキャリアをはじめとしたプライドが高いとされ、会社のニーズにマッチしないと戦力として計算できないと考えられてしまいます。

実績がある人の場合は幹部候補やマネージャー候補として採用されるケースがありますが、なにも実績を持っていない人の場合は転職のハードルがぐんと上がると言わざるを得ません。

とはいえ、35歳以上の転職希望者で成功したケースがあるのも事実。

どういった人が採用されやすいかというと「好奇心旺盛な人」「主体的に業務に取り組む人」の2つ。

どちらも能動的に動けるタイプなため、会社としても戦力として計算され、採用される可能性が上がります。

ちなみにこれは35歳未満の方でも同じことが言えるので、転職希望者は参考にしてみてください。

 

30代男性必見!転職しやすい職業とは?

30代の転職が難しいとはいえ、

世の中には様々な職業があり、その中には30代でも未経験でも採用されやすい仕事があります。

というわけで、ここからは30代でも未経験でも転職しやすい職業をいくつか紹介します。

 

30代でも転職しやすい職業その1:介護職

高齢化が進む現在の日本において、介護職がますます重要になってきています。

老人ホームなどは慢性的に人材不足ということもあり、スタッフ募集は常時行われています。

働きながらヘルパーや介護福祉士の資格を得ることもできるので、キャリアアップも期待できます。

その一方で…

大変ハードな仕事しても知られています。

拘束時間も長く、住居者の都合が最優先のため、休みもあってないようなものと言われます。

それでいて、スタッフの場合は振り込まれるお給料も15万円前後。

慢性的な人材不足に悩まされるのもうなずけます。

 

30代でも転職しやすい職業その2:営業職

サラリーマンの方の場合、誰もが一度は行ったことがある営業。

これも未経験者でも転職しやすい仕事として知られています。

販売するものによって難易度は大きく異なりますが、中でも転職しやすいとされているのが不動産や金融業界。

高額なものを扱うだけに売れた時の利益も大きく、頑張れば頑張るほどお給料に直結するというのもやりがいがあります。

ただ、高額なものを売るという事はそれだけ責任も大きい物。

お客様の時間優先なので、必要であればお休みの日でも出勤することはザラ。

不動産の営業マンの場合、お客様が家の下見に行くのは週末がほとんど。

そのため、土日休みはまず難しいと考えたほうが良いでしょう。

 

30代でも転職しやすい職業その3:サービス業

サービス業というと様々なものがありますが、最も手っ取り早く転職できるのが飲食業界。

文字通り食事を作らなくてはと思いますが、大手チェーン店の場合はメニューのほとんどがマニュアル化。

以前のように熟練の職人さんでなくても調理ができるようになっています。

そのため、お店によっては高校生のアルバイトでも調理にあたることも。

そう考えると、働きやすいのも頷けますよね。

ただし、飲食業の常として言えるのが土日休みは望めないということ。

もっとも書き入れ時にあたる週末はフル回転するのが当たり前。

そのため、週末になると休みなく働くことがほとんどです。

さらにメニュー等がマニュアル化されているためにスキルアップは難しく、将来的に独立したいというタイプには不向きの仕事と言えるでしょう。

 

30代でも転職しやすい職業その4:風俗店スタッフ

最後に挙げるのが風俗店スタッフ。

主な仕事はお店にやってくるお客様に女の子を紹介したり、予約を受け付けてマネジメントをしたりといったデスクワーク。

パソコンの知識がなくてもマニュアルさえ覚えられれば誰でもできるため、30代からの転職に向いていると言われています。

また、風俗店スタッフの中で最も求められている人材が30代の男性たち。

特に社会人経験がある方は一般常識が身についていることが多いため、スタッフとして重宝されます。

頑張ったら頑張っただけ昇給も早い仕事なので、将来のキャリアアップを考えている人にもうってつけと言えます。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019.6.20

    話題の急成長風俗企業!あなたのチャンスは無限大

    日本に存在するあらゆる職業の中で、最も早く出世する事が出来ます。

おすすめ記事

  1. 年収1,000万円以上稼ぎたい男性向けの内容になります。
  2. これを見ればきっと風俗業界通!いきなりですが、みなさんなんで「書き入れ時」っていうか知っていますか?...
  3. デザインは「お店の顔」です。こんにちは、デザインWEB担当のヲタク社員です。
キャリアアップ制度
女性求人総合オフィシャルサイトへ