トピックス

整理整頓は仕事の効率化にも繋がる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『整理』と『整頓・収納』を分けて考えてみる

017


整理=モノを分けて不要なものを減らす、整頓=モノを使いやすくなるような仕組みを作り定位置に配置する。


整理とは、要するに「物を減らすこと」です。一方の整頓とは、「配置すること」という意味です。

つまり「整理整頓」とは、物を必要な物と不要な物に分けて不要な物を捨て、必要な物を使いやすい場所に置くこと、なのです。



整理=モノを仕分ける、収納=モノを使いやすいようにする仕組みを作る、そのように考えてください。まず初めに整理を行ってから収納するという考え方です。



整理整頓のポイントは『分ける』『捨てる』『定位置を決める』

homeschool-book-organizer-bins


外に出す→分ける→減らす→しまう。4つのステップで、とことんものを減らすことに集中。


片付けでやるべきことは2つ。モノを捨てるかどうか見極めることと、モノの定位置を決めることです。

元あった場所にものをきちんと戻すというルールを徹底しなければ、どんな空間も快適に保つことはできません。

ダンボールを3つ用意し、「必要」「保留」「不要」と、3つに分別。

書類やモノを全部仕分けをし、不要なものは捨てる。

要・不要の判断に迷うもの用に一時保存スペースを作る

 

※探し物をする無駄な時間が劇的に減ります

整理整頓がおろそかになると、

「必要な資料が見つからない」

「データをどこに保存したかわからない」

このような、探し物の時間が発生します。

誰でも、1度はご経験があるかと思います。

整理整頓ができているかどうかで、探し物をする無駄な時間の発生割合が全く違います。

必要なものを探すのに無駄な時間を取られ、それは整理・整頓をするまで永続的に続きます。

 
※ミスが減る(無くなる)!できる人が実践している極意!

仕事には決められたルールがあります。

例えば、訪問予定、商品の納期、検品基準、出荷期限、定例会議、書類の提出期限、などです。

社内での仕事、社外での仕事、シーンも様々です。

これらは、整理整頓をしていない事が原因で、抜け漏れてしまうなどのミスに繋がる可能性があります。

普段できていても、仕事がスポットで立て込んでいる時、繁忙期は平常心でいられない時があると思います。

時間の余裕=気持ちの余裕がなくなり、チェックが漏れるなどのミスにつながる可能性があります。

 

801856acc82dbe6c85f5af79d30273f6_s



会社で身の回りの整理整頓をすることで気持ちに余裕が生まれ、確認ミスを減らす効果が期待できます。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019.6.20

    話題の急成長風俗企業!あなたのチャンスは無限大

    日本に存在するあらゆる職業の中で、最も早く出世する事が出来ます。

おすすめ記事

  1. 年収1,000万円以上稼ぎたい男性向けの内容になります。
  2. これを見ればきっと風俗業界通!いきなりですが、みなさんなんで「書き入れ時」っていうか知っていますか?...
  3. デザインは「お店の顔」です。こんにちは、デザインWEB担当のヲタク社員です。
キャリアアップ制度
女性求人総合オフィシャルサイトへ