トピックス

6割がサービス残業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6割が「サービス残業」
電通女性社員の過労自殺が示す日本の病巣
電通の女性新入社員(当時24歳)が昨年12月25日、過労により自ら死を選んだ。
女性社員は月105時間の残業をしていたと認められた。電通と労働組合が結んだ
「36協定」で定めた残業時間を上回る長時間労働だ。三田労働基準監督署は
女性新入社員がうつ病を発症していたと判断し、労災を認定している。
電通では1991年にも24歳の男性社員が過労により自殺した。遺族と電通の間で
争われ、2000年に最高裁が会社側の責任を認定。企業の安全配慮義務違反を
理由とした損害賠償を認めた最初の判例として、その後の司法判断に大きな
影響を及ぼしている。
 過労死の最大の原因は長時間労働という悪弊だ。労働基準法では、労働時間
の上限を週40時間までと定めている。ただし、労使で結ぶ「36協定」で別途上
限を定められるため、規制が十分に機能していないとの指摘は多い。

電通の女性社員のケースでは、この36協定による上限すら守られず、労働時間
は過少申告されていた。実際は働いているのに、出勤簿では働いていないこと
になっている「サービス残業」は日本企業においてはよくある現象といわれる。
は公的調査からはなかなか明らかにならなかった。
公的調査で明らかにならなかったというのは、寂しい限りですね

images

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019.6.20

    話題の急成長風俗企業!あなたのチャンスは無限大

    日本に存在するあらゆる職業の中で、最も早く出世する事が出来ます。

おすすめ記事

  1. 年収1,000万円以上稼ぎたい男性向けの内容になります。
  2. これを見ればきっと風俗業界通!いきなりですが、みなさんなんで「書き入れ時」っていうか知っていますか?...
  3. デザインは「お店の顔」です。こんにちは、デザインWEB担当のヲタク社員です。
キャリアアップ制度
女性求人総合オフィシャルサイトへ