トピックス

ドライバーの持病

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40歳以上のドライバー要注意 緑内障に“無自覚”のリスク
日が短くなり、交通事故の発生が多い夜の時間が長くなるからだ。
これに拍車をかけるのがドライバーの持病だ。意識障害を伴う
「てんかん」や「睡眠障害」「統合失調症」「無自覚性の低血糖」
「認知症」などを例として、免許取得や更新時に「病気等に関する質問票」
への回答が義務付けられている。問題は交通事故を引き起こしやすい病気で
ありながら、自覚しづらい「緑内障」

■定期的に眼底検査や視野検査を

問題は緑内障を患っている人の多くが、自身の視野の異常に気づいていないことだ

「40歳以上では20人に1人が緑内障といわれていますが、多くの人が無自覚で
治療していません。健康診断では視力や眼圧、眼底検査が主で、視野検査はほとんど
行われていないからです」
40歳を過ぎてハンドルを握る人は、定期的に眼底検査や視野検査を受けるべきと
言われています

6b23878ec96422d9817b6b2c37a3e3be

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019.6.20

    話題の急成長風俗企業!あなたのチャンスは無限大

    日本に存在するあらゆる職業の中で、最も早く出世する事が出来ます。

おすすめ記事

  1. 年収1,000万円以上稼ぎたい男性向けの内容になります。
  2. これを見ればきっと風俗業界通!いきなりですが、みなさんなんで「書き入れ時」っていうか知っていますか?...
  3. デザインは「お店の顔」です。こんにちは、デザインWEB担当のヲタク社員です。
キャリアアップ制度
女性求人総合オフィシャルサイトへ