トピックス

転職に成功する人は、面接直前に必ずトイレに寄る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

~失敗する人は、ギリギリに到着し、そのまま面接企業の受付に行く

面接の前にトイレ転職に成功する人は、待ち合わせ時間の30分近く前に、面接会場の近くに到着しています

そしてそのまま企業受付には行かず、少し離れた場所にある、人目に付きにくそうなトイレへ。

理由は、身だしなみの最終チェックを行うためです。

鏡の前に立ち、髪型や服装の乱れがないかチェックする

人間の第一印象を決めるのは、55%以上が外見だと言われています(メラビアンの法則)。髪型は整っているか、服装にだらしない部分はないか、顔や服にゴミが付いていないか、靴は汚れていないかも念入りに確認します。

口臭をチェックする

面接は密室の中で顔を付き合わせて行われるため、口臭が相手に伝わりやすいです。ふだん口臭がない人も緊張していると臭いが出やすいため、知らずしらずのうちに悪印象を持たれたり、健康状態に不安を与えている場合が。少しでも臭いが気になった場合は、歯磨きをしてから面接へ向かいましょう。くれぐれも面接前に煙草やコーヒーをたしなまないように。

この他にも、応募書類(のコピー)をもう一度読み返しておくのも手です。これは、面接で志望動機を尋ねられたとき、履歴書や職務経歴書に書いた内容と矛盾しないようにするため。もし企業に付くまでチャンスがなかった場合は、人目に付かないトイレがチャンスです。

面接時間ギリギリの到着を目指すのは、遅刻はもちろん、髪型や服装の乱れ、心の準備不足など…リスクの温床です。トイレに寄ることを前提に30分早く行動する。たったこれだけで、面接で不利になる要素が減り、内定がグッと近づくでしょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019.6.20

    話題の急成長風俗企業!あなたのチャンスは無限大

    日本に存在するあらゆる職業の中で、最も早く出世する事が出来ます。

おすすめ記事

  1. 年収1,000万円以上稼ぎたい男性向けの内容になります。
  2. これを見ればきっと風俗業界通!いきなりですが、みなさんなんで「書き入れ時」っていうか知っていますか?...
  3. デザインは「お店の顔」です。こんにちは、デザインWEB担当のヲタク社員です。
キャリアアップ制度
女性求人総合オフィシャルサイトへ