トピックス

人間関係の温度差

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

様々な場面で『 温度差 』という
いわゆる価値観や考え方の違いが生じます。

例えば 風俗店で男性客が求める部分と
女性キャストがどういう気持で接客しているのか!?

男性側はお金を払います(命の次に大事なもの)
価値に見合う100%かそれ以上の対価を要求します。

しかし女性側はあくまでお金を頂く為ですから、
当然男性に何かを求めるという気持ちはなく
むしろプラマイ0でリスク(精神的・肉体的ストレス)
が無ければと思っているのです。

男性側が過度な要求をしてもそれに応えるモチベーションは
元々女性にはないのです。


20160914a

別の例で
会社組織で上司と部下の関係でも『 温度差 』は生じます。

上司には色々なタイプがいますので、一概にこうだとは言えませんが
ガツガツ出世欲のあるタイプだと
「俺が頑張ってるのに部下のお前らは何しとる!」こう思うのですが

その一方で部下から見れば「こっちが頑張っても手柄はあなたの物でしょ?」
そう思ってしまうものです。

つまり【あめとムチ】の関係で先に『あめ』か『ムチ』かにもよりますが
『ムチ』の後に更に『ムチ』では誰もついて来ないのです。
20160914c

先の例の風俗の場合でも
男性側が先に節度と優しさを持って女性に接すれば
女性もきっとそれに答えてくれるかも知れません。

【あめとムチ】の関係で言えば
『ムチ』の後に『あめ』が待っているという保証はない訳で
やはり先に『あめ』を差し出して対価を要求しないこと!!
そうすれば仮に『ムチ』を使ってもある程度は納得して貰える関係性が築ける筈です。

もちろん『ムチ』の後は必ず『あめ』です。

20160914b

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019.6.20

    話題の急成長風俗企業!あなたのチャンスは無限大

    日本に存在するあらゆる職業の中で、最も早く出世する事が出来ます。

おすすめ記事

  1. 年収1,000万円以上稼ぎたい男性向けの内容になります。
  2. これを見ればきっと風俗業界通!いきなりですが、みなさんなんで「書き入れ時」っていうか知っていますか?...
  3. デザインは「お店の顔」です。こんにちは、デザインWEB担当のヲタク社員です。
キャリアアップ制度
女性求人総合オフィシャルサイトへ