トピックス

転職活動期間はどれくらいかかる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「転職準備」が全体の活動期間を左右する

体験者に転職活動の話を聞くと、約半数を占めるのが「1〜3カ月で5〜6社に応募した」というパターン。早い人だと活動をはじめて数週間で次の職場が決まったという人もいます。

しかし、これは「応募」「面接」「内定」など求職の山場部分の話。実は、転職の流れの中では、この山場に向けた「準備期間」が全体の活動期間の長さ を左右します。山場部分は短期決戦も可能。そこに至るまでの応募先探しや円満退職に1年以上を費やす人もいるのが実情なのです。予想以上に時間がかかる ケースもあるなど、個人差が大きい点に注意してください。

 illust02

「準備期間」の長さを知るためのポイント

志望分野:志望業界や職種の求人状況・応募条件・採用基準の傾向などについて情報収集をして、 応募しやすい時期や難易度をチェック。志望業界の知人の話を聞く時間も取りたいところです。

自己評価:志望先で役立つスキルや資格・経験・適性の有無、採用基準に合わせたレベル評価をして、採用される可能性をチェック。失業に備えた資金準備も忘れずに。

今の職場状況:繁忙期の退職を避けるなどのタイミング、また担当業務の終了や引き継ぎにかかる時間から円満退職できる時期と期間をチェック。

 

まとめ

この3つは、転職に必要な準備とその期間を読むカギになるだけでなく、行動の手順やタイミングの設定、また自己PRをするうえで重要なポイントにもなります。
情報収集や転職スケジュールづくりを含めた「転職準備」のスタートに”早すぎ”はありません。
山場に向けて、転職活動全体の態勢を整えていきましょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019.6.20

    話題の急成長風俗企業!あなたのチャンスは無限大

    日本に存在するあらゆる職業の中で、最も早く出世する事が出来ます。

おすすめ記事

  1. 年収1,000万円以上稼ぎたい男性向けの内容になります。
  2. これを見ればきっと風俗業界通!いきなりですが、みなさんなんで「書き入れ時」っていうか知っていますか?...
  3. デザインは「お店の顔」です。こんにちは、デザインWEB担当のヲタク社員です。
キャリアアップ制度
女性求人総合オフィシャルサイトへ