トピックス

毎月の前借りクセの対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Aさんの困ったクセといえば、「前借り」。前借りの理由は趣味のパチンコで使い切ったから…上司がその都度貸してくれるのでいい気になって使い切るAさん、いますよね。

たまの1ヶ月の前借りならいいとしましょう。でも毎月毎月借りてくるのはだらしな過ぎる!これでは借りているとは言えません。自分のお金の管理は自分でする。それは大人なら普通にできて当たり前のこと。できなかったらだらしないの一言につきます。小学生でも『お金の貸し借りはいけません』と指導があります。それにも関わらず毎月前借りをしてくるAさんはちょっと…

20160617A

 そんなAさんのような毎月の前借りクセの対処法を紹介します。

前もって給料の一部を預かっておく

1ヶ月の給料を自分で管理できないのなら経営者が管理する。まるで子供のおこづかい管理の手伝いをしているみたいですが、子供並みのことをしているから仕方ないでしょう。「しっかり給料管理ができるようになるまでは給料の半分を預かるから。半分は自由に使っても、残りの半分は絶対に余るから安心じゃない。」 そう告げます。男性はお金を多く持ち歩きたい生き物。この提案は嫌なのか前借りをしなくなります。

前借り額に対して利息をつける

こんなやりとりもいかがかと思いますが、お金にだらしないのなら仕方ありません。人にお金を借りることはリスクを背負うことである。それに気づいて甘えることをやめるようになり、目が覚めます。「貸してあげるけど、前借り金額に対して利息をつけるからね。」そう告げます。すると利息はさすがにムダな出費になると思うのか、気軽に借りてくることがなくなります。

 

おこづかいは自由に使ってよし。それには私も賛成です。でもおこづかい内で足りない、お金にだらしない人間の場合は何かしら対策をとる必要があると思います。お金を借りることはリスクを背負うことである。それに気づいて目を覚ます必要があります。

だらしない人間が出来上がる背景には周囲の甘やかしがあります。「お金を借りることはリスクを背負うことである」それに気づいて目を覚ましてほしいです。後々面倒なことにならないためにも早めに対策を取るのが一番です。

プライドの高い人間がへそを曲げずにスマートにできる対処法をまとめました。参考にしてください。

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019.6.20

    話題の急成長風俗企業!あなたのチャンスは無限大

    日本に存在するあらゆる職業の中で、最も早く出世する事が出来ます。

おすすめ記事

  1. 年収1,000万円以上稼ぎたい男性向けの内容になります。
  2. これを見ればきっと風俗業界通!いきなりですが、みなさんなんで「書き入れ時」っていうか知っていますか?...
  3. デザインは「お店の顔」です。こんにちは、デザインWEB担当のヲタク社員です。
キャリアアップ制度
女性求人総合オフィシャルサイトへ