トピックス

おトイレ・・・× お手洗い・・・○

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちわ♪

仕事に限らず、プライベートでも敬語を使う機会はあると思うのですが、

この業界も例外ではありません。

そこで今回は敬語についてまとめてみました♪

 

間違った言い回し
敬語を使わなくてはと思うあまり、丁寧すぎる言い回しをしてしまう場合があります。
「綺麗なお花でいらっしゃいますね」のように物には敬語は必要ありません。

また、自分の行動や行為に関する言葉にも「お」や「ご」は基本的につけません。
「私は明日お休みします」のように自分自身の行為に「お」は不要です。正しくは
「私は明日休みます」になります。

ただし、自分の行為でも相手にかかわる「お礼」「ご連絡」「ご報告」などはつけて話します。商談の中で先方の関係者に伝言を依頼する時は「お伝えください」ですが、自分の会社の人間に伝えるときは「○○に伝えます」となり、同じ言葉でも状況によって使い分けます。

    過剰な二重敬語
同じように丁寧な敬語を使おうと思うあまり、間違ってしまうのが二重敬語です。
相手の行動に「れる」「られる」を使った表現では、動詞に「れる」「られる」をつけるだけでいいのですが、言い換える敬語と二重敬語になりやすいので注意しましょう。

×「ご覧になられましたか」→○「ご覧になりましたか」
「ご覧になる」という尊敬語に「られる」がついている二重敬語です。
この場合「られる」をつけるのでしたら、動詞と「られる」で「見られる」になります。

他にも
×「おっしゃられました」→○「おっしゃいました」
×「お越しになられました」→○「お越しになりました」
×「お召し上がりになられました」→○「召し上がりました」
×「お戻りになられますか」→○「お戻りになりますか」
×「お帰りになられる」→○「お帰りになる」

以上はすべて間違いやすい二重敬語なので気をつけましょう。

    役職名
役職名に「○○部長様」などのように「様」をつけるのも間違いです。基本的に役職名そのものが敬称ですから、その上に「様」をつけるのは二重敬語となってしまいます。

「様」をつけた表現をしたい場合は、「部長の○○様」と言いましょう。

    尊敬語と謙譲語の混同
せっかくの尊敬語も謙譲語と混同してしまうと、失礼な表現になってしまいます。
また、謙譲語で話すべきところに尊敬語が入ってしまうのも、おかしな表現になってしまいます。「れる」「られる」をつけることで、尊敬語になっているつもりになりがちですので、気をつけましょう。

×「お客様が参られました」→○「お客様がお見えに(お越しに)なりました」
「参る」は謙譲語ですのでこの表現は間違いです。「られる」をつけることで敬語の
ような錯覚を起こしてしまいますが、間違った使い方です。

他にも
×「そちらでうかがってください」→○「そちらでお聞き(お尋ね)ください」
×「○○様でございますね」→○「○○様でいらっしゃいますね」
×「資料は拝見されましたか」→○「資料はご覧になりましたか」
×「担当者とはお目にかかりましたか」→○「担当者とはお会いになりましたか」
×「御社の部長がもうされました」→○「御社の部長がおっしゃいました」

尊敬語を台なしにする表現は、上司や目上の人、社外の人には失礼にあたるので気をつけましょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019.6.20

    話題の急成長風俗企業!あなたのチャンスは無限大

    日本に存在するあらゆる職業の中で、最も早く出世する事が出来ます。

おすすめ記事

  1. 年収1,000万円以上稼ぎたい男性向けの内容になります。
  2. これを見ればきっと風俗業界通!いきなりですが、みなさんなんで「書き入れ時」っていうか知っていますか?...
  3. デザインは「お店の顔」です。こんにちは、デザインWEB担当のヲタク社員です。
キャリアアップ制度
女性求人総合オフィシャルサイトへ