トピックス

最近の風俗店の「講習」事情って?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソープランドや箱ヘルなどの店舗型風俗店とデリバリーやホテヘルと呼ばれる無店舗風俗店の一番の違いは「サービスのレベル」だとよく言われるが、これは店が「講習」を行なっているかどうかの差が大きいと思われる。

かつて、風俗店では新人の女の子に対して、講習を実施するのが当たり前だった。特にソープランドでは3日間くらい1日3時間程度ベテラン嬢からみっちり講習を受けるのが普通だった。

店舗型の場合、ハルスやイメクラ、性感マッサージ店でもソープランドと同じように講習を受けないと客前に出さないお店が多い。

違いがあるとすれば、ソープランドの講習が女性からであるのに対して、店舗型では男性スタッフである場合が多いことだ。

なぜ店舗型風俗で講習が多いかといえば、風営法により、新規出店するのが事実上不可能であり、法改正以前から存在している歴史の長い店ばかりで「風俗のサービスはこうあるべき」といった確固たる信念を持っていることが多いせいだ。

そのため、入店した女の子には初めて客につかせる前にはちゃんと講習を行い、最低限度のサービスが出来るようになるまで接客させないのが普通である。

さて、当店も含めたう店舗型風俗店においては、近年講習を実施するケースがかなり少なくなっている。

特に最近では「女の子への講習=セクハラ」という認識が蔓延してしまったため、店もリクルート対策で「当店では講習をおこなっておりません」と謳って新人募集をせざるを得なくなった。

加えて、昨今の風俗業界では素人っぽい女の子が好まれる傾向になってきたことから、デリヘルでは講習をしないことが是認されているのである。

なお、当店では講習の代替として接客マニュアルがあり、それを一読して頂くことによって最低限度のサービスレベルを保つよう努力しておりますが、そのような物すら存在しない無店舗型風俗店が殆どであるのが実態なのである。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019.6.20

    話題の急成長風俗企業!あなたのチャンスは無限大

    日本に存在するあらゆる職業の中で、最も早く出世する事が出来ます。

おすすめ記事

  1. 年収1,000万円以上稼ぎたい男性向けの内容になります。
  2. これを見ればきっと風俗業界通!いきなりですが、みなさんなんで「書き入れ時」っていうか知っていますか?...
  3. デザインは「お店の顔」です。こんにちは、デザインWEB担当のヲタク社員です。
キャリアアップ制度
女性求人総合オフィシャルサイトへ